Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 節約で1年10万円以上貯金!

電気自由化 電気代が高くなる

2017/ 06/ 08
                 
去年だったか4月から始まった、電気会社自由に選べる化。
東京電力以外を選ぶことでやすくなるならいいじゃない!と早速私も色々調べたのだけど、始まってすぐだからか選べる会社は少なく、実際に使用電気を入力すると何故か支払ってる金額より高い表示に・・・
他の電気会社を選んでもちっともお得じゃないと、この件は放置してました。

我が家の電気料金は、楽天クレジット払い。電気支払いにクレジット指定するだけで、最初1回ポイント貰える&月々の支払いに対しても貰える。


今月に入ってから、ポストに電気自由化の宣伝チラシが入っていたので内容を見てみると、とにかく年間電気量がお得!!を強調しまくっている。
1月の電気使用量がこれぐらいの人は→年間◎◎円もお得! 的な感じで、4パターンぐらい掲載しているのですが、確かに安い。
しかも、うちの電気使用量200~250kwh程度が、そのチラシでは『一人暮らし』のカテゴリーになってました。
我が家は一軒家で4人暮らしてますが、お宅では一人暮らしの電気量扱いされるんですねと嬉しくなってしまうw
節約成功している感をこんなところで実感w

さて、実際現在払っている電気料金がこちらの会社に変わるとどれほど安くなるのでしょう?
早速紹介されているホームページのシミュレーションを実行してみる。→料金シミュレーター

とりあえずうちのデーター
従量電灯B 20A
シミュレーションにとりあえず、2月だけの使用電気量を入力してみた↓無題

東電からは2月のこの使用電気量にたいして、4.730円の請求。
たいして、シミュレーターの電気料金は4.958円
他1月、3~12月は勝手に、2月がこれぐらいなら電気これぐらい使うでしょ?料金はこれねと表示しているわけです。
そしてこの内訳のすぐ下に、『ENEOSでんきなら年間最大… 1,783 円おトク!

入力した2月の電気料金228円割高になってますけど?
入力した月以外は、シミュレーターが予測を立てた使用電気量を表示し、結果1年でいくら安くなる!とかのたまってますが、意味がわかりません。


今度は1月使用電気料金を入力してみます。↓
無題
シミュレートした所、1月の電気料金は6.679円になっています。
実際東電から請求された電気料金は、6.378円
301円割高になっています。



今度は毎月平均どれほど電気を使用しているのか計算し、シミュレーションの計算と比べてみます。
実際使った電気量1~5月の平均  → 232.4kwh
シミュレーションの平均        → 224kwh

実際に使った電気量より少なく見積もって計算すれば、安くなるのも当たり前だよね・・・

もしくは、私の把握の仕方がおかしいのか?
全くお得になるどころか、高くなるのに、年間◎◎円安くなる!!って宣伝しているこれらって違法じゃないの?と思ってしまう。
電気だけを見た場合、ちっとも節約にならない。お得感0。

ただし電気会社によっては、ガソリンがL当たり、10円安くなったりポイントたまったりといった+αがあるのがお得なのかなとも思う。
また、うちの場合は個人宅なので電気使用量がさして多くもないため、割引サービスが受けられず逆に割高になってしまう会社もある。
今以上の節約がしたいが、ここ最近色々行き詰っています。
とりあえず、節約には地味にコンセント引っこ抜いておくに限るのかもしれないですね。




関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。