Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 節約で1年10万円以上貯金!

ダンボールだから0円!格安収納ボックス

2017/ 02/ 07
                 
arts-and-crafts-1868735_1280.jpg

目次



■カラーボックスのデメリットを段ボール使って解決!


私の日課となっているダンボール創作。
日常生活の中で、不便だと感じた所やもっと便利に使いたい部分に関しては、大概手作りで対応して参りました。

これどうにかならないかなーと思う家具がコレ↓

縦でも横でも使えて、組み合わせると見た目も悪くないカラーボックス。
物を詰め込めば中身が丸見えで気になり、意外と1枠が大きい為、本を入れると上部に隙間ができる。
気づけば、その隙間に本を寝かせて突っ込む有様。
そうなると、またもや見苦しい見栄えに・・・

ついには、蓋付きカラーボックスを買うも、色々入れると蓋を開ける都度雪崩が起きるわけです。
昨今、そんなカラーボックスを更に使いやすくするアイテムがたくさん出ていますが・・・
1000円程度のカラーボックスに、付属品どんどん追加して価値上げていくなら初めから利便性のあるちゃんとした家具買ったほうがいいよね(遠い目)
 
 


そんなわけで、若干使い勝手の悪いカラーボックスを格安で使いやすくする為の、かなりいい加減に作るダンボール収納を公開しようと思います。
ついに撮影しました。見難い写真もありますが、苦情は一人でつぶやくだけにとどめていただけると助かります。


■収納ボックスは格安。何といってもお値段0円です。

DSCF1469.jpg DSCF1470.jpg
今回はアスクルの箱でカラーボックス用収納箱を作成します。
カラーボックス内を測り、ダンボールを大体の大きさにカットします。
収納ボックス作りを紹介しているサイトでは、はじめに段ボールパーツの用意を案内しているところがありましたが、それをすると箱自体の強度が落ちるうえに、テープの使用量が増えるので、私はやりません。

■隙間収納にも大活躍段ボール箱

DSCF1471.jpg DSCF1472.jpg DSCF1473.jpg

ちゃんと測ってもうまく切れない、測るのが面倒くさい、いつも適当で失敗する人でも絶対作れる!やり方だと思いますw
耳と呼ばれる蓋部分だった個所はあらかじめ切り離しておき、半分に切った段ボールにあてがいます。
そうすると、サイズが合わない場合は、右写真のようにはみ出します。
このはみ出した部分をカッターで切断切断します。
DSCF1474.jpg DSCF1475.jpg

勢いよく切りすぎて、斜めになってしまいましたが!!テープを張ればほらっどうにかなりますw
細かいこと気になるなら、後々ラッピングで修正(誤魔化し?)も可能です。

隙間収納BOXを作るのであれば、その隙間にぴったり入るよう加工しなければなりませんが、段ボールの利点は切りすぎても修正が簡単♪

■梱包用段ボールは脆い!解決方法

DSCF1476.jpg DSCF1477.jpg DSCF1478.jpg
カラーボックスから引き出す際、箱の上部を引っ張ると箱がゆがみ前に飛び出してくるようになります。
耳たぶを切った上部は、意外と脆い上に収納品が重いとすぐに破けます。
極力長く持つほうがいいと思うので、取っ手になる部分を作りますが、これまた測ってないので真ん中じゃないことに、写真見て気付きましたww
取っ手部分だけは補強の必要があるので、幅広テープとビニールテープを使用しています。ガムテープでもよいですが、後々色塗り×ノリ付きにくいといったデメリット有り。

幅広テープを張る際は、オレンジラインに沿ってカッターで切れ込みを入れます。
切れたらそれを内側に折り込んでいけばOK。
その周りをビニールテープで一周、実は裏側もこれはやったほうがよいのですが、今回は簡易箱なので簡略しました。

もう少し低く作り、2段作れば段ボール引き出しにもなります。
その際の強度アップ方法は、別記事で後々紹介する予定です。



■段ボール収納ボックスひとまず完成!


DSCF1479.jpg

いつもなら、プリントアウトした紙をこの箱にはりつけるのですが、時間がなかった為ここでいったん終了です。
アスクル(ロハコ)の箱は、他の段ボールと形状が違います。
その為上部分に大きなゆがみがあったので、ビニールテープで補強しました。
通常の段ボールであれば、切り口が気になる場合可愛いマスキングテープなどを張ります。
 



■アレンジ自由!段ボールで作る収納家具

DSCF1483.jpg DSCF1484.jpg
カラーボックスは蓋つきですが、これ等の物が投げ入れられている状態で取り出すのが面倒でした。
それが箱一つで解決です。
後々こちらも、もっと使い勝手の良い箱に作り替える予定なので、デコレーションの仕方もこちらでご報告できそうです。

↓おまけ↓
DSCF1481.jpg DSCF1493.jpg
作成中、レオナルドダビンチ(猫)が必ずやってきて、膝が箱の中に入るのです。
切断中のカッターナイフに猫パンチくれることも。危!
大容量可愛いゴミ箱も段ボール製。これもデコレーションしなおしたい・・・
旦那が、テーブル代わり使ったようで。飲み物こぼした形跡があるのです。
リモコンや爪切り、などなどちょっと何か置きながらゴミ箱利用。便利です。


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。