Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 節約で1年10万円以上貯金!

火災保険22万円値引き 中古物件で出来た節約

2017/ 01/ 09
                 
kaji-1.gif

■火災保険を値引きしたい!方法を模索■
中古物件購入の際漏れなく申し込まねばならない火災保険。
これローンの分割年数分まとめて払う形になっているのですが、起こりそうに無い災害のオプション外しても893.350円(35年分)
一月約2127円だと分かっていても、もっと安くしたい!と思って、聞いてみた。

『もっと安くなりませんか?』←私こればっかり言ってます(汗

他のサイトで火災保険の値引き方法紹介されてる所いっぱいあるけど、物件購入した先から提示された火災保険以外加入する方法無かったし、一括で割引も効いてる。だがしかし、そこですんなり受け入れてはいけないのです。

火災保険の金額がどのように決まっているのか話を聞いて、気づきました。
家と土地の価値+この年代の人が、どれぐらいの価値の物品を所持しているか?の平均に基づき金額が決まってくるそうで・・・服や家具、電化製品にいたるまで購入当時の価格で全て算出しているのだそうです。
我が家にはそんな高価なものないですし、服は大概貰いものかリサイクル!家財に9000万も価値あるはずが無いっ!と評価額に苦情を入れましたw
006.png015.png011.png002.png

■実際に評価額を調べる為の聞き取り調査されました■
それからが大変、保管会社の方が我が家にやってきて「服は何着ありますか?」「下着や靴下は?」「テーブルはいくつありますか?」と一つ一つ丁寧に質問してくださり、ソレに答えるわけです。大変だったOrz
今までが賃貸(2DK)生活で、丁度親戚の立派な借家(6LDK)に住んでいたため保険会社の人が、本当に家財資産無いの?!と困惑してた様子がモロ出しでしたがww
l_056.png

■持ち物の評価額が変わった結果は?■
当初の家財評価額9000万円 → 2100万円 に下がった事で、合計保険料が-220.150円されました。
家と土地の評価額併せただけでも、購入額を上回ってましたし、一部消失の場合出る金額も少ない事考えると火災保険に多額の金額をかけるのはどうかと考えた結果の値引きです。地震による火災で保険金出無かった方も居るみたいですし・・・

物件は土地合わせて、購入額の2倍の評価額がされています。万が一燃えてしまっても一軒家を建てられる金額です。燃え後を片付けるのは自力でやるか?w旦那の解体経験を生かしてもらいましょう。

■まとめ■
実際に火事があって、貰える保険金が評価額によって変わってきます。今回のケースをまねされると、貰える保険金が減ってしまうのでその点考慮して検討してください。
我が家の場合は、中古物件。水害エリアでもなく、保険会社を選べない状態にありました。
新築の場合は、火災保険を割安にする為省令準耐火基準にしたり、住んでいる場所が水害にあわないところであれば水災オプションを外したりと火災保険の値引き方があるので、いろんな保険会社と見比べて決めるのが良いです。





無料相談も担当している保険がことなるので、色々な相談先で保険の事を聞くのがよいですよ。
私2箇所の無料相談利用しましたが、案内される保険違いました!
自動車保険の人にも、ついでに相談したら知らない保険案内してもらえたので、聞いてみるのがお得ですっ


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。