Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 犬・猫・金魚・フェレット

段ボールでキャットタワー 手作り

2016/ 12/ 05
                 
2013年7月猫を飼い始めてからずっと欲しかったキャットタワー
洗濯機上に収納スペースを確保する為の物を駆使して、過去こんなものを作成したのですが↓右側猫用
DSCF0935.jpg 

今現在、これらは玄関でマットなどの収納棚とかしています。
補助的なものがないと、猫にとって挑戦的な高さであり、強度的な不安を覚えた為に猫用としての使用をやめたのでした。
だからこそ欲しい!こんなあれこれ↓
  


見ているだけで癒されるのです。しかし値段が高い。上らなかったら買い損。さらに彼(レオ)は基本廊下で生活しているので駆け上ったり降りたりするのは人間も利用している階段がある。
窓枠に上手に飛び乗り、高い所から外を眺めても居る。。。。買う必要ないよなーとわかってはいました。
が!!時間があると、何かしら作りたくなるんです。

【 結果 】
やっすい奴だーといわれるの分かってます。だって、実質0円ですし(遠い目)
ちょっとゆがんでるのとテープの乱反射、プリント紙のあからさまな繋ぎ目。色々目に付きますね。わかってますww
DSCF1443.jpg
今までに散々収納BOXやゴミ箱を手作りしてきたスキルを駆使し、そんなに器用じゃなくても形だけはどうにかなるもんです。。。ねぇ?wスーパーで買い物したものをつめた段ボールが集まったので、同じ大きさになるように切り箱を3つ作りました。
その同サイズの箱を支える為には、それなりの強度がなければダメなことを過去の経験から知っているので、爪とぎを利用。


DSCF1445.jpg

餌クレ鳴きが激しい子なので、各箱に彼が通れるギリギリのサイズの穴を開けて餌はあっちこっちにポイポイ放り入れます。場合によっては、手だけを突っ込んで餌だけをとって口に運ぶ様子も観察可能!
一番上の箱は、横部分をくりぬいて汁物系(缶詰等)の餌が食べられるように、食事コーナーを配置しました。
DSCF1444.jpg

ご覧の通り全て段ボールで作っているので、飛び乗ったり降りたりする際に出る爪で穴だらけにならぬよう、随所にトイレ便器の蓋カバーだとか、キッチンマット(滑り止め付)などを敷いて対処。
子供達によじ登らぬよう厳重注意して、プリントアウトした可愛い柄の紙を張り捲くり完成です。
そのうち穴周りとか繋ぎ目にビニールテープなどで補強の予定。


スーパーなどで入手する段ボールは、箱としての用途には最適なのですが、何かを支えたりするには厚さが全然足りません。
柱を作るとなると、くるくる手で丸めてポール状にするのがよいです。がっ!!段ボール箱とそのポールをつなげる為の手間が半端無い。
そんなわけで、段ボール1つをそのまま本棚や下駄箱にしようとすると、置かれたものを支えきれず底が歪んでいきます。
重さも無いから、倒れやすい!!そんなわけで、旦那の放置ダンベルが一番下右箱の奥に入れられているので押さえの役になっています。

段ボールの問題点、軽い!薄い!をどう克服するかですよねー
勿論、このキャットタワーそのうち改良しますよ。絶対段ボールでもっとおしゃれなものを手作りしてやる!と自分自身の課題になってます。
  

数年前段ボールでこんなの↑も作ったことありましたが、何せ手作りなのでもろすぎる!子供達にあっという間にぺしゃんこにされて壊されたのはいい思い出ですw
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。