Article

        
category - スポンサー広告

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        
category - 犬・猫・金魚・フェレット

金魚死亡原因

2014/ 06/ 21
                 


死なせてしまった金魚はこの子↑

いつも玄関でワラワラ泳ぐ子をいつも近くで見ていたいという思いと、大きな金魚達に餌を取り上げられてしまってる様を見て別容器に移したのです。



容器は、元々ジャムを入れていた瓶だったので、石瓶共に熱湯消毒をし、ペットボトルのエアポンプも切らすことなく空気を出してました。
元々いた大きな水槽の水を移しました。
2日間かなり濁りのある水の中、元気よく動き回っていました。

しかし濁りがあまりにも気になったので、新しく水を取り替え過去に使っていたカルキ抜き薬を入れて水の交換をしたのです。






使ったものは金魚専用即効性。
瓶には480ccの水しか入らない為、かなり少ない量の薬剤を入れてます。
大きな水槽と違うのは、水草無し、タニシ無し、バクテリア無し。

朝は昨日より動きが鈍いように感じていましたが、鼻上げをする様子無し。
朝餌を少量入れた後確認したら、既に沈んでいました。
朝入れた分の餌はまったく食べていなかった。

唯一失敗したのが、元の水温と新しい水の水温を統一してなかったこと。
ほかの点では失敗はなかったように思うのですが・・・


とにかく、金魚を大きな水槽から個別に取り出すのはもう恐ろしくてできそうにないです。

今後そういうわけにもいかないので( ノω-、)クスン
次回は、水温計とテストキット購入して完璧な準備ののち水替えすべきなのかなと考えてます。



【メモ】


いつかは庭でウォーターガーデニングin金魚。
そう思っていたけど、もう少し先のことになりそうな予感です。
(´・ω・`)
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  
  コメント - 0

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。